聞こえを再現|めまいが悪化する前に|健康を維持するおまじない
医師

めまいが悪化する前に|健康を維持するおまじない

聞こえを再現

ナース

生活音のコントロール

現在、早期発見・治療が医療では重要視され、耳鼻科でも難聴からの回復を図る、中耳炎や鼓膜を傷つけたりする伝音性の治療を行ってくれます。回復の可能性がある場合には治療が重視されますが、聴神経の障害を含む場合には限界もあり、補聴器に頼ることが得策です。現在では、眼鏡店でも販売され、耳鼻科医の懇意にする販売店もあり、相談の幅は広がっています。医師と繋がりのある販売店では、検査結果や診断書の見方も熟知している利点があります。補聴器の不具合やメンテナンス、逆に難聴の症状や治療内容など、耳鼻科と販売店を通して聞こえに関するトラブルを回避することも期待できます。数段階のみの音量自動調節ではなく、個人の環境に応じた調整を随時行えるのも魅力です。家の中のみならず、交通量の多い場所やイベント、仕事での会議や会合など、生活環境の違いにより、細かな調整が何度でもオーダーメイド感覚で行えます。

バリエーションがウリ

甲高い音への反応や、言葉の理解の困難などを含む聴力トラブルは、一度耳鼻科となる専門医の診察を受けることが大切です。原因には聴力低下も挙げられ、補聴器の装用の有無も医師に相談可能です。販売店では、難聴レベルを把握することから携わります。必要ない健聴者のレベルは25dB未満で、販売店で試聴が必要となるのが40dB未満となる軽度難聴者です。補聴器を必要としている方が求めるものは快適な聞こえで、人が本来聞き取るバランスの良い聞こえに近い製品がラインナップされています。目立たない形状や取り扱いやすさ、バリエーション豊富なカラーは、どこから見ても美しいデザイン性が魅力です。色や形状にまで愛着がわくなど、若者ニーズにまで応えられるのも製品を熟知し、取り揃えている販売店ならではの特徴です。