聞こえにくさを感じたら|めまいが悪化する前に|健康を維持するおまじない
医師

めまいが悪化する前に|健康を維持するおまじない

聞こえにくさを感じたら

カウンセリング

会話が聞きにくくなった

加齢による耳の衰えは誰にでも起こり得ます。そんな耳の機能の衰えに役だつのが、補聴器です。しかし、便利な補聴器でも自分にあう補聴器の選び方はなかなかわからないものです。今はいろいろな種類の補聴器がありますが、自分に合った補聴器をどのように見つけたら良いでしょうか。一言に難聴と言っても、軽度難聴から高度難聴まで種類があり、高度用難聴の補聴器の方が値段が高くなる傾向があります。また、耳掛け式、箱型、耳の中に入れる挿入式、またメガネ内蔵型等様々な形状があるため、自分の聞こえの状態や生活状況に合わせて選びましょう。選び方のポイントは、まず耳鼻科で自分の聴力を検査し、聞こえにくさの程度を知ることです。普段の生活での使い易さや使用時間、スポーツすることがあるか、などにより選び方が変わるため、普段の生活を考慮することが大切です。普段メガネを着用している場合、耳掛け式補聴器をかけるとメガネのさやがあたり耳が痛くなりがちですので、耳の中に埋め込む挿入型補聴器、またはメガネ一体型という選び方を視野に入れましょう。

使い勝手を考える

補聴器は種類にもよりますが、メガネと同じく値段もいろいろあります。せっかく購入しても耳に合わない、音量に慣れないなどということもあります。これらのトラブルを防ぐには、購入した店舗で耳に合わせた型取をして、耳の穴にきちんとおさまるような補聴器を選ぶことです。人はいろいろな音の中から自分の聞きたい音を選ぶ事ができるそうですが、どうしても自分の耳で聞いた音とは違う音の入り方になるため、最初音量の調整に慣れるまでは頭が疲れるようです。そのため、最初は短時間から少しずつ体を慣らしていくことが大事です。最初から音量を上げて使用してしまうと、さらに負担になるので、自分に合った音量の調節を心がけましょう。