先生

めまいが悪化する前に|健康を維持するおまじない

耳の専門治療

病院

難聴者、聴力低下の方は年々増加傾向で、耳鼻科を受診する患者数も伸びています。口数まで減るなど、兆しが見え隠れした場合には、まずレンタルで補聴器の良さを感じ、必要に応じて購入することで快適性をしっかり判断できます。

もっと詳しく

聞こえを再現

ナース

アルゴリズムと機能を熟知するのが、耳鼻科と補聴器を専門的に取り揃えている販売店です。双方を賢く利用することにより、両耳で本来感じ取れる音を難なく聞き取れるため、会話までも楽しめる魅力が挙げられています。

もっと詳しく

症状が出る前に予防する

頭を押さえる人

薬を服用して予防します

ふらふらするようなめまいがする場合、動揺病が考えられます。これは、乗り物酔いともいわれています。車やバスなどの乗り物に乗ったり、大画面で移動する映像を見たりすると起こります。めまいやふらつき、吐き気、嘔吐、生唾などの症状が現れます。原因は、筋肉から受け取る情報がつくる平衡感覚と、見ているものとが一致していないことです。脳が混乱することで、めまいなどの症状が起こると考えられています。睡眠が十分でないときや、お腹がすいているとき、ストレスがあるときなどに起こりやすいといわれています。動揺病を防ぐ方法として人気が高いのは、酔い止め薬を服用する方法です。乗り物に乗る前に服用することで、めまいなどの症状が起こるのを抑える効果があります。

飴などを持ち歩きます

めまいの他に、震え、動悸、意識の混乱などの症状が起こっている場合には、低血糖症であるおそれがあります。低血糖症はひどくなると意識障害を起こし、昏睡状態になるため、早急に血糖を上げるようにします。低血糖症になるおそれがある場合には、飴やジュースなどを持ち歩くように工夫して、いざというときに対処できるようにしておきます。低血糖症は、糖尿病の治療中に起こることが多いですが、食事の量が少ないときにも起こります。また、食事をする時間が遅くなったときやお酒を飲み過ぎたときなどにも起こります。日頃から栄養のバランスを考えた食事を摂ったり、暴飲暴食をしないように心がけたりして、糖尿病や低血糖症を予防することが大切です。

聞こえにくさを感じたら

カウンセリング

耳の聞こえを助ける補聴器の選び方は、自分の聴力をチェックすること、そして生活に合った補聴器の形を選ぶことです。装着後のトラブルをなくすためには、耳にフィットする補聴器を選びましょう。使い始めは疲れるので、徐々に慣らしていくのが大切です。

もっと詳しく